利用シーン

ショールーム・イベント会場

再来率の低いショールームやイベント会場で動線を取得することにより、展示物の効率の良い配置を確認できます。また、人が集まるホットスポットを確認することで、来場者ニーズも推測できます。取得したデータは次回のイベント計画で有効活用出来ます。

ショッピングセンター・デパート

日常生活にもっとも密接な業種の小売業。動線や人数カウントで商業施設の状況を把握することは、地域顧客の理解にも繋がります。顧客を少しでも理解することで、より良い提案を勧めることも可能になります。

地下街・空港・駅

大量の人が行き交う公共的な空間では、商業的なデータ収集はもちろんのこと、人の流れを把握することで防災計画にも活用出来ます。災害時に適切な避難誘導を実施するためにはこうしたデータも有効活用出来ます。

工場・飲食店厨房

作業動線を把握することは業務効率化に繋がります。作業工数を短縮することで経費削減も可能になります。

システムを納品するだけではありません。
適切な解析およびトレンドを知ることが重要です。
これらのことを把握し発信することが売上へと繋がります。
私たちは皆様へトータルソリューションをご提供致します。

マーケティングカメラに興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら